ブログトップ

benisijimiのカメラ散歩

fujikennko.exblog.jp

気ままに散歩しながらの撮影日記

深度合成 E-M1

b0147449_18223617.jpg

E-M1 ZMD60mmF2.8

E-M1に昨年の11月ファームアップで追加された、深度合成機能をフィールドで試して見ました。

まずこの機能は、ファームアップVer.4.0にてE-M1に追加された機能です。

フォーカスブラケットを使用して、ワンシャッターでピント位置を少しづつずらして8枚の画像が記憶されます。

画像が記憶されてすぐにその場で、カメラが自動的に深度合成を行います。

合成に要する時間は約30秒位でしょうか。

合成される画像は、フレーミング時より4方が少しカットされて作られます。

あらかじめこの機能を使う時は、この事を頭に入れながらフレーミングしないと、大事な被写体が切れてしまう

事にもなりまねません。

合成されて出てくるデータはjpegです。

合成される元画像8枚もそのまま記憶されますので、撮影枚数としては結構多い事になり、メモリーカードの

容量も気になるところですね。

さて、初めてフィールドで試した感想は、私の様なマクロ使いには非常にありがたい事この上なしです。

流石にマクロのオリンパスと言われるだけの事はありますね。

それもファームウェアのバージョンアップで追加してくれるなんて、ありがたいことです。

今日アップした画像は深度合成後のものです。

撮影時の絞りはF4.5で、私の中では頑張って絞った数字です(笑)。

この画像の様な被写体ではF11位に絞っても、この様な画像は撮れません。

ある程度背景をぼかしながら、被写体を撮りきることができそうです。


実はE-M1は一度手放していたんです。

OM-DはE-M5Ⅱのみで使うつもりだったのですが、この深度合成が為に買い直したのです。

少し気になるのは、シャッター後の深度合成に掛かる時間でしょうか。

深度合成がカメラ内で行われる間は何もできません。

先に書きました様に、時間にして約30秒位だと思いますが、被写体を目前にしての何もできないこの時間は

実際にはとても長く感じます。

花など植物を撮るにはあまり問題ないのでしょうが、被写体が昆虫となるとどうでしょうね。

この辺りはおいおい季節に合わせて、試してみようと思います。

只、この機能を使うにはレンズの制限があります。

今のところ、PROレンズの3本のみです。

私の場合は、60mmマクロと40-150mmで使えます。

次回は40-150mmで試してみたいと思います。
[PR]
by benisijimi-50 | 2016-02-11 19:02 | カメラ散歩 | Comments(8)
Commented by korekazu at 2016-02-11 19:11
大変興味深く拝読しました。
E-M1の購入を検討するのに参考になります。
Commented by benisijimi-50 at 2016-02-12 07:05
☆korekazu様、おはようございます。
つまらない与太事を読んで頂き、ありがとうございます。
カメラにはアップしていたものの、実際にフィールドで試したのは初めてでした。
プロの方々はソフトを使って、深度合成をされているようですが、簡単にその場でしかもカメラ内でできちゃうのは、とてもありがたいです。
E-M1はグリップもし易く良いカメラですが、この深度合成機能だけでも購入する値打ちはありそうですね。
Commented by kame-photo-2 at 2016-02-12 23:21
こんばんはです!
マクロは使っても花は殆ど撮らないし・・
ペンタ以外に買う予定もないのでbeniさんの絵を楽しんどきます(笑)
それにしても・・フィルム時代には考えられない機能ですね〜(笑)
Commented by benisijimi-50 at 2016-02-13 07:04
☆kameさん、おはようさんです。
えっ!
kameさん、花は撮りませんでしたっけ?

そうですネ、フィルム時代からは想像できません。
現像に出してる間は、不安や期待で満ちていた時間がありました。
そんな時間を失くした分、こんな機能が増えたと考えてます。
只、こうして撮った「絵」が、はたして写真といえるかどうかは判りません。
Commented by kyohmy at 2016-02-13 15:02
とても興味深い内容で勉強になりました。
プロのカメラマンも苦労していた事が解決できるようですね。
ブツ撮りの世界も変わりますね。
Commented by benisijimi-50 at 2016-02-13 22:02
☆kyohmyさん、こんばんは!
いやいや、お恥ずかしい限りでございます。
一枚の作品の為に、100回もシャッター押して深度合成する事もあるそうですね。
今年はこれで結構遊べそうなんで、これから早い内に慣れとかないと、本番に間に合わなくなりますので、ちょくちょく使ってみたいとおもいます。
ハッチョウトンボの翅の水滴にも、威力を発揮しそうですね。
Commented by kogarasumaru6 at 2016-02-16 07:35
瑠璃唐草の霜付き・・・おしべの根元から花弁先端までバシビシ!
普通、深度を稼ぐのに絞れば当然にシャッターは遅くなるし、そうなるとその間に微風でも吹かれたらたまったものじゃないけど、普通に撮ってそれがカメラ内で自動にとは凄い機能というかカメラ進化というかです。
処理時間が気になりますが、beniさんにピッタシ機能ですね。
あっ、そうか・・・カメラ二台体勢って手がありますか(^_-)

Commented by benisijimi-50 at 2016-02-17 07:06
☆趣味人さん、おはようさんです!
そう、なかなか便利な機能なんですが、出てくる画像がjpegオンリーなのが不満点でしょうか。
深度合成をしてるカメラの横で別カメラでもう一枚、何て器用なことは私には無理そうですよ。
カメラ2台態勢でも、写真を撮るのは一台づつでございます。