ブログトップ

benisijimiのカメラ散歩

fujikennko.exblog.jp

気ままに散歩しながらの撮影日記

カテゴリ:風景( 17 )

b0147449_8424814.jpg


b0147449_8464033.jpg


梓川の美しい流れを楽しんだ後は明神・徳沢へと奥上高地に進みます。

b0147449_8445867.jpg

明神岳も綺麗に見えています。


b0147449_8494389.jpg


b0147449_851265.jpg

ニリンソウです。
明神から徳沢へと歩く間、道の周りはニリンソウで埋め尽くされる程咲いています。

b0147449_8524069.jpg


b0147449_8531775.jpg

徳沢に着きました。
ここは穂高連峰への登山基地になっていて、色とりどりテントが張られていました。

b0147449_8554894.jpg

此処にもニリンソウが群生しています。
[PR]
by benisijimi-50 | 2013-06-08 08:56 | 風景 | Comments(2)


 
b0147449_18243468.jpg





河童橋の袂にある五千尺ホテルの喫茶室からの眺めです。



美味しいホットコーヒーいただきながら、眺める窓の景色は1枚の絵画の様でした。
[PR]
by benisijimi-50 | 2013-06-06 18:33 | 風景 | Comments(4)
b0147449_1965135.jpg



b0147449_1965525.jpg



b0147449_1932158.jpg



b0147449_19305421.jpg



b0147449_19323219.jpg



b0147449_19324541.jpg



先日の上高地で撮ってきた、定番ポイントの写真です。

よく見るポイントの写真ばかりですが、実際にその場に立つと、同じ様な写真ですが撮らずには居られません。



ここんとこ、なんかバタバタと気ばかり焦っていて、なかなか撮ってきた画像も確認できてない状態です。

ネタも無いので、しばらくは上高地写真で行くつもりです(笑)。

お天気も良く、新緑は見事でした。

しばらく晴天が続いていたこともあってか、梓川の雪解け水がとても綺麗で、思わず飛び込みたくなる程

澄んでいたのが印象的でした。
[PR]
by benisijimi-50 | 2013-06-04 19:33 | 風景 | Comments(12)
やっと言うか、この時期らしい寒さになってきました。
日課となって3ヶ月になる夕刻のウォーキングの時刻も、外は真っ暗です。
今日は歩き出しがとても寒くて、根性なしになりそうでしたが、何とか歩き出すと暖かくなるものですね。

先日(と言っても、もう20日も前のことですが)信州にりんご狩りに出かけてきました。
いつも泊まりは、標高2000mにある美ヶ原高原の王ヶ頭ホテルです。

ロケーションは抜群で、美ヶ原の台上からはお天気が良いと360°のパノラマが楽しめます。
が、そこは山のことですので運がよけりゃってことになります。
今年はラッキーなことにお天気に恵まれ、良い景色が楽しめました。
b0147449_19342862.jpg



b0147449_193532100.jpg



とんがり帽子の様に見える槍ヶ岳も白くなっていますね。
[PR]
by benisijimi-50 | 2011-12-09 19:37 | 風景 | Comments(2)
先月の23・24日に白馬方面を歩いてきました。
22日仕事を終えて夕食を摂り、就寝。
12時に起きて出発です。
今回は栂池の山荘泊なので、それなりの防寒具も車に積んでの出発です。

まず初日は八方尾根自然散策路を歩き、八方池を目指します。
前回の挑戦の折は少し甘く見て、三脚やカメラやレンズをたくさんリュックに詰め、かなりの苦しい目に会いましたので、今回は小さいデジ一と食料のみをリュックに詰めての登りです。


 
b0147449_17211165.jpg


苦しい登りですが、咲き残りの花や色づいた植物が疲れを癒してくれます。

  
b0147449_1723586.jpg


  
b0147449_17231795.jpg


荷物を減らしたおかげか、今回は意外と言うほど楽に登れました。

目的の八方池につきましたが、山にはかなりのガスがかかっています。


  
b0147449_17254434.jpg


  
b0147449_172614.jpg


  
b0147449_17262114.jpg


少しづつガスが晴れて、白馬三山も少しは見えました。


  
b0147449_17275474.jpg


  
b0147449_17282452.jpg


  
b0147449_17284280.jpg
 

  
b0147449_17291233.jpg


さて、登ったら降りる。
山登りの鉄則ですね。
足が笑って、顔が泣いていますが頑張って下山です。

  

  
b0147449_17312038.jpg


  
b0147449_1731393.jpg



下山したら本日の宿泊の予定地、栂池山荘のある栂池自然園へ出発です。








 
[PR]
by benisijimi-50 | 2011-10-08 17:37 | 風景 | Comments(12)
ちょっと長くなりましたが、パートⅣです。
今回で、この秋の栂池散策は終了です。
パートⅣは、園内を綺麗に歩きやすく整備されている木道中心に写真をupしました。
ご覧ください。


  
b0147449_1832325.jpg



  
b0147449_1835042.jpg



  
b0147449_18351978.jpg



↑ 我が愛妻です。
徹夜で夜討ち朝駆けしてきたとは思えない程元気な人です。


  
b0147449_18385374.jpg



  
b0147449_18391515.jpg



  
b0147449_18394115.jpg



  
b0147449_18401185.jpg



  
b0147449_18403191.jpg



  
b0147449_18405187.jpg



  
b0147449_18411466.jpg



↑ スタート地点まで帰ってきました。
この頃になると、園内はたくさんの人達で溢れていました。
私達は、素晴らしい景色に後ろ髪を引かれながら帰途に着きました。

先週には、白馬連邦を初め、北アルプスにも初冠雪が有りました。
栂池自然園の紅葉も終わり、今はゴンドラの下辺りが見頃のようです。
自然園は、これから徐々に冬支度に入ります。
11月初めに閉園され、来年の6月末までは雪に閉ざされてしまいます。
人が入れない期間が長いので、豊かな自然が守られているのかも知れません。
また来年、栂池の自然はどんな姿を見せてくれるのか楽しみですね。






  
[PR]
by benisijimi-50 | 2009-10-13 18:53 | 風景 | Comments(2)
浮島湿原から登りに入りました。
しばらく息を切らしながら登り切った地点に、展望湿原が見渡せる場所があります。

木製のテラスが広い目に作ってあり、ベンチもたくさんあります。
ちょうど、お食事タイムですね。
皆さん、おにぎりをほおばっておられました。


   
b0147449_18262314.jpg



↑ 広い高層湿原の向こうには、大雪渓を頂く白馬岳がよく見えます。


   
b0147449_18283573.jpg



   
b0147449_18285443.jpg



↑ アップにすると、こんな感じです。

白馬大雪渓を眼下に見下ろしながら、ここで頂くおにぎりは、とても美味しくて、一気に3個も食べてしまいました。(笑)

展望湿原の反対側はこんな感じです。
小蓮華岳ですかね?山の上部が真っ赤に色付いていました。



   
b0147449_18323492.jpg


こんな珍しい物も有りました。↓


    
b0147449_18354872.jpg



ちょっと見ると、木にフクロウでも止っているように見えます。
この木は、オオシラビソという植物で、この丸いのはその松ぼっくりだそうです。
ひとつの松ぼっくりの大きさは、10センチ位だそうです。
この実が弾けると、まるで「ちょうちんおばけ」の様で、面白い形になるようです。

この植物を地元では栂の木と呼ぶらしく、この木がたくさん自生している事から、栂池という地名になったとかいうことらしいですよ。


さて、お腹も一杯になった事だし、そろそろ引き返すことにします。


後日、パートⅣに続きます。






   
[PR]
by benisijimi-50 | 2009-10-09 18:48 | 風景 | Comments(8)
先日の栂池の第2弾です。

この自然園に行くには、栂池高原よりゴンドラ25分、ロープウェイ5分掛けて登って行きます。
ロープウェイを降りて、しばらく登ると自然園の入口です。
入口付近には、山荘やヒュッテ、ビジターセンターなどもあります。


  
b0147449_199276.jpg



↑ ここが自然園の入口です。看板が新しくなっていました。
標高は約1800m位、しばらくは足場の良い木道が続きます。
一番奥の白馬岳展望湿原までの往復約4時間の道のりです。

  
b0147449_19133635.jpg



↑ 入口からすぐの水芭蕉湿原からの風景です。
ここは6月末から7月初めに掛けて、湿原一体に水芭蕉やリュウキンカが咲き誇ります。


  
b0147449_19185495.jpg



↑ 次に現れるのは、ワタスゲ湿原です。
ここにやって来ると、霧が立ち始めました。
木道が続く白馬岳方面も、ぼやけてきました。
この後すぐに真っ白に霧に包まれてしまいました。



  
b0147449_1923872.jpg



↑ ここは浮島湿原です。
先程まで立ち込めていた霧も上がってきました。
木の葉や植物の、永年の堆積によってできたそうです。
これから少し山登りになり、この写真の小高い山を登って展望湿原を目指します。


  
b0147449_19273216.jpg



↑ 山を登った所で後ろを振り返ると、今歩いて来た自然園の全容がよく判りました。
一番奥に、スタートしたビジターセンターの赤い屋根も見えますね。
3つの各湿原の様子もよく判ります。


あと少し登りきれば、展望湿原です。

パートⅢに続きます。














  

  
[PR]
by benisijimi-50 | 2009-10-07 19:34 | 風景 | Comments(6)


   
b0147449_15285156.jpg



   
b0147449_15303065.jpg



   
b0147449_15314090.jpg



先週の日曜日の9月27日に、ちょこっと遠出してきました。

白馬村の北隣に位置する小谷村に有る、栂池自然園にて一足早い紅葉を楽しむ為です。
26日から、紅葉祭りが行われていて、ちょうど紅葉も見頃と言うことで、思い切って(笑)
行ってきました。

土曜日が仕事だった為、何と!夜行日帰り強行軍となりました。
往復で1000キロ。
行き6時間、自然園散策5時間、そしてまたトンボ帰り6時間です。
日曜日の夜中12時過ぎに出発、現地6時到着、帰宅夕刻の6時でした。
もう少し若い頃は、よく上高地日帰りドライブなんて事してましたが、さすがにこの頃は自重気味でした。
それが高速も安い事もあり、久しぶりの強行軍です(笑)
妻には、土曜の夕方に「明日行くで~」なんてことを突然に切り出したもんで、最初は私一人で行くものと思っていたようです。
もともと乗りのよい人なので、何とか説得して無事出発となりました。

現地での天候はチェックした通りの晴天でしたが、時折霧が登ってきて、何にも見えなくなる時もありました。
紅葉時の栂池自然園は初めてでしたが、本当に綺麗で感動ものでした。
ナナカマドやサラサドウダンの赤に、ダケカンバの黄葉と白い幹、青い空に熊笹の緑、どれもこれも冷たい空気と相俟って、綺麗で気持ち良かったです。

出来る事なら、来年はゆっくりと一泊で行きたいです。
いや贅沢言わないで、夜行日帰りで良いから、また行きたいものです。



   
b0147449_1653195.jpg


      ナナカマドの合間から、白馬岳を望む


   
b0147449_16102468.jpg


      尾根沿いの木道近くのサラサドウダン、素晴らしい色でした。



後日、パートⅡへ続きます。










   
[PR]
by benisijimi-50 | 2009-10-03 16:19 | 風景 | Comments(6)
 

       
b0147449_1933520.jpg



       
b0147449_194283.jpg



       
b0147449_1943427.jpg




       今年もひまわり畑を見てきました。

       暑かったですが、力強く精一杯咲くひまわり達を見て、元気一杯になりました。

       毎年見に来ますが、見るたんびに感動と力をもらって帰ります。
[PR]
by benisijimi-50 | 2009-07-19 19:11 | 風景 | Comments(22)