ブログトップ

benisijimiのカメラ散歩

fujikennko.exblog.jp

気ままに散歩しながらの撮影日記

タグ:ハッチョウトンボ ( 7 ) タグの人気記事

b0147449_17452744.jpg


b0147449_17454895.jpg

E-M1 MZD40-150F2.8PRO

体中真っ赤に成熟した雄もたくさんいましたが、かなり遠くて撮れずじまいでした。

何とか写真に撮れたのは、この雌一頭だけでした。

上の写真の撮影時間は、朝の5時15分。

下の写真は6時28分です。

時間の経過とともに、翅の朝露の様子が随分と違ってきます。

もう一度リベンジしたいのですが、撮りたいものがたくさんあるので、どうなることやら・・・。
[PR]
by benisijimi-50 | 2015-06-12 06:30 | カメラ散歩 | Comments(6)


  
b0147449_8533588.jpg



今年もハッチョウトンボに会えました。

何回見ても、その小ささとその精巧さには驚かされます。

この日も朝露が少し出ていましたので、朝露を纏って眠るシーンを狙ったんですが・・・。

オスは全敗、辛うじてメスを何枚か撮ることができました。

やはり?オスの方が敏感なのか、少し近づいてカメラをセットしている間に朝露一杯の翅を振るわせ

てしまいます。

一度その翅を振るわせてしまうと、もう全く違うトンボのようになってしまいます。

もう少し朝の気温が低くなれば、狙い易いので再挑戦することにしましょう。
[PR]
by benisijimi-50 | 2011-08-16 09:02 | カメラ散歩 | Comments(8)



b0147449_18551224.jpg



先日の森林公園でのプチオフ会の帰りかけに、かろうじて一枚撮れた写真です。

ハッチョウトンボはお天気の良い日は、雄同士の縄張り争いと共に雌が縄張りにやって来ると、追いかけて交尾をします。
ペアの画像をゲットしようとしますが、何せぺアになったと思った次の瞬間にはもう離れているんです。
ピントを合わす暇も無い・・・。
実際は少しは時間は有るんですが、私の方が慌ててしまっていてそう感じるのかも知れません。

この写真もボケてます、ザンネン!





180mmマクロレンズにて
[PR]
by benisijimi-50 | 2010-08-02 19:06 | カメラ散歩 | Comments(10)


    
b0147449_18495856.jpg




朝露を体中に纏いながら、朝を待つハッチョウトンボです。

百円玉位の大きさの世界一小さなトンボ君ですが、こうして撮ってしまうとその小ささが判りませんね。
でも、ついつい大きく目一杯近づいて撮ってしまいます。

この朝は、運良く木道のそばで朝を迎えてくれたので、少しアングル的には不満がありますが、
出来るだけ接近しての一枚です。
4切サイズに両端は落としましたが、ほとんどノートリです。

写真では判りにくいですが、朝露を纏う姿は本当に美しいトンボ君です。
一度早起きして、探してみてください。
運が良ければ、その美しい姿にきっと感動する事間違いなしです!

・・・ってな、偉そうな事を言っておる私ですが、正直なところこの日は寝過ごしました。
3時半出発の心算が、起きたら4時でした。
予定通り出発できていれば・・・
なんて、何とかの皮算用ですかね。


ハッチョウトンボ君の顔付近のアップです・・・

  
b0147449_19115911.jpg





180ミリマクロレンズにて
[PR]
by benisijimi-50 | 2010-06-08 19:14 | カメラ散歩 | Comments(12)
前回(6月17日)に続きまして、ハッチョウトンボの羽化を観察できました。
前回のブログでは、去年から見たかったヤゴからでてすぐの写真を載せました。
今回の写真は、完全にトンボの姿になって、飛び立つばかりのハッチョウトンボです。

b0147449_13443246.jpg


↑まだ複眼が白っぽいですね。

ちょっと引いて、すこしその場の雰囲気も入れて

b0147449_1346443.jpg


↑まわりの葉っぱからハッチョウトンボの小ささが少し判りますか?
なにせヤゴ自体の大きさが、米粒2つ縦に並べたくらいの大きさですから。

今年も成虫は5月より確認していますので、遅れること2ヶ月半、今年最終に近いくらいの羽化かもしれません。
この日(8月3日)は、3匹同時に羽化していました。
9月中ごろになるまで、もう少しかわいい姿を楽しませてくれそうです。

100・60mmマクロレンズにて
[PR]
by benisijimi-50 | 2008-08-07 13:59 | 昆虫 | Comments(8)
 昨日の写真のように、これからトンボの成虫になる個体もいれば、いろんな理由で死んでしまうトンボもいます。
そのなかでも、美しき罠、食虫植物による悲劇にあったハッチョウトンボです。
b0147449_11542454.jpg

イシモチソウの粘液につかまる
b0147449_11563450.jpg

モウセンゴケの粘液につかまる
2枚とも、105mmマクロレンズにて
[PR]
by benisijimi-50 | 2008-06-18 12:06 | 昆虫 | Comments(0)
去年よりずっと狙っていた、ハッチョウトンボの羽化初期の写真が撮れました。
b0147449_1882098.jpg

体も羽根も伸びきって、羽根を開く直前の姿はよく見かけるのですが、ヤゴから抜け出して間なしの姿は、この日初めて観察できました。
いつもの早朝ではなく、9時半を少しまわった頃でした。すぐ近くに、今にも飛び立とうかという、羽化したての仲間もいるのに、結構朝寝坊のヤゴもいるようです。
100mmマクロレンズにて
[PR]
by benisijimi-50 | 2008-06-17 18:49 | 昆虫 | Comments(3)