人気ブログランキング |
ブログトップ

benisijimiのカメラ散歩

fujikennko.exblog.jp

気ままに散歩しながらの撮影日記

神楽鈴の様な、赤い実。



   
b0147449_16423560.jpg


   綺麗に草刈りされた棚田が綺麗ですね。

   その緑に、名前も知らない植物の赤い花が目立っていました。

   まるで巫女さんが、踊りに使う神楽鈴の様な形をした、赤い実です。
   葉っぱは、大きくてヤツデのような格好です。

   なんていう植物なんでしょう?
by benisijimi-50 | 2009-09-11 16:49 | カメラ散歩 | Comments(10)
Commented by namazu_5757 at 2009-09-11 21:57
花の名前はわかりませんが、
稲渕の朝のさわやかな空気が感じられます。
まだ皆寝てます。静かです。って感じです。
Commented by ぐ~ at 2009-09-12 08:19 x
葉っぱの感じから、ヒマだと思いますが・・・
赤いのは、花でしたか~?実ではなかったでしょうか~?
「植物園へようこそ」のHPでご確認下さい~。
まずは、とりいそぎ~
Commented by 趣味人 at 2009-09-12 08:35 x
namazuさんも仰っておりますが、
ホンマ!清々しさを感じさせてくれるお写真です(^-^)
このひな壇ももう暫くすると、彼岸花が美しく飾ってくれるんですよねぇー・・た・の・し・み(^-^)

で、動植物に疎い趣味人ですので、勿論のこと、この神楽鈴は判りませんが、
「その下のはズイキだとわかりますよぉ~」
って、誰でも判るっちゅうネン(^^;)/
Commented by benisijimi-50 at 2009-09-12 10:50
☆namazuさん、おはようございます。
今日の土曜日は、開店休業です。
天気がもう少し良ければ、何処かに出掛けようかなんて思っておりますが、そこは一応仕事中、電話一本入れば飛んで行かなければなりません。

棚田の朝は順番に朝陽があたってきますよね。
この時はまだ、前の棚田に朝陽があたる前でした。
整然と草刈りされた田圃は、とても綺麗です。
ほとんど人も居ません。
彼岸花が咲いたら、こうはいきませんね。
Commented by benisijimi-50 at 2009-09-12 10:56
☆ぐ~さん、おはようございます。

そうですね!
そう言われれば、実かもしれません。
よく判らない、見たことも無い植物だったので、花やら実なのやら判らない状態です。

「ヒマ」って言うんですね。
ありがとうございます。
ひとつ賢くなりました、今度知ったかぶりして自慢してみま~す。
それにしても、ぐ~さん良くご存知ですね、さすがです!
後でゆっくりと、「植物園・・」に行って来ます。
Commented by benisijimi-50 at 2009-09-12 11:02
☆趣味人さん、おはようございます。
ズイキは、よく朝市で売られてますね。
一度も食べたこと無いんですが、どんな味なんでしょう?

棚田も、よく草刈りされ、整然としてとても綺麗です。
もしかすると、この頃が一番いいかな~。
もうすぐ彼岸花が、彩を添えますが、これまた大変な人出。
今年は、人ともめる事無く楽しみたいけどな~~。
Commented by t-morino at 2009-09-12 16:11 x
「ヒマ」という花ですか。
この光景、明日香でしたか?
どことなく東南アジアっぽく見えました。
明日香の違う側面を見せて貰いました。
Commented by tomo at 2009-09-12 17:14 x
ああ\(^O^)/
飛鳥の風景です(#^.^#)
さわやかな朝の雰囲気がみごとです!
赤い実!
綺麗です(^_-)-☆
Commented by benisijimi-50 at 2009-09-13 21:00
☆t-morinoさん、こんばんは。

私もこの植物は、初めて見ました。
もちろん、名前も何も判りません。
この赤い実のかんじなんかも、東南アジア系の感じがしますね。
元々、棚田の発祥地は東南アジアの辺りかもしれませんね。
スケール的には、あちらの棚田は相当なものなんでしょうね。
一度、この目で見てみたいものです。
Commented by benisijimi-50 at 2009-09-13 21:07
☆tomoさん、こんばんは。

私は陽が上がる直前のこの時間が一番好きです。
深呼吸でもすれば、ほんとに気持ちいいですね。

この植物の有るポイントのすぐそばに、女郎花と棚田を撮れるポイントも有ります。
上品な黄色の女郎花の色合いと、棚田の風景も良かったですよ。
この時に、私も何枚か撮りましたが、残念な結果でした・・・。
写真にはなりませんでしたが、しっかりとこの目で楽しめたので、これで良しですかね!